FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
 赤く染まったスタジアム。

 愛するクラブの勝利を信じるサポーター

 ひとりひとりの瞳は輝いていた。

 アジアの頂点を懸けた最後の一戦。

 ここまでの道のりは決して容易くなくて

 アウェイの先例、満身創痍の選手たち

 僕らは彼らを信じて・・・

 愛するクラブを信じて・・・

 この勝利を望んだ。

 『アジアクラブ最強』の称号を得るために。

 浦和レッズにとって『9』は象徴に値する。

 その『9』を背にした永井のシュートは

 浦和レッズを愛するすべての魂をのせて

 ゴールのネットに突き刺さったように思えた。

 攻守の要となって終始フィールドを駆けるポンテ。

 鼻骨を骨折しながらも前線でプレイするワシントン、

 腰痛を抱えた阿部、肉離れ回復直後の闘莉王。

 ピッチの中外に関係なくすべての選手のおかげで

 このタイトルを得ることができたと思う。

 ありがとう、浦和レッズ。

 しかし・・・

 まだ、レッズの足は止まらない。

 国内リーグの連覇。

 そして・・・FIFAクラブワールドカップ

 最高の舞台が控えている。

 でも、今は・・・

 この素晴らしい勝利に・・・乾杯。

 
スポンサーサイト




【2007/11/14 22:15】 | vita ~キオク ノ カケラ~
トラックバック(0) |


teo’
→参号機さん

 ホントによくあれだけのスタジアムを満員にして、
 溢れたサポーターが浦和各所のスポーツバー・居酒屋 でクラブの勝利を願っている。こんなに愛されている クラブは世界のなかでもそうはないと思います。
 ましては海外でのアウェーでさえゴール裏を真っ赤に 染め上げる浦和レッズは世界的にみても類をみないの ではないでしょうか。

 欧州のトップリーグがあるスペインではクラブを愛す るあまり、スペイン代表チームの関心がそれより薄い ことは有名な話です。

 また、世界的に有名なクラブはトッププレイヤーを獲 得すると同時に若い選手を育て上げるシステムが確立 しています。
 それも莫大な資金力の賜物であって、大物スポンサー の提供もあるのでしょうが、それ以上にクラブを愛す るサポーターであり、彼らがスタジアムに足を運ぶた めにクラブを潤うといった好循環が確率されているこ とが大きな要因だと思います。

 そして今、欧州以外のクラブでは浦和レッズが限りな く近いレベルにあるのではないでしょうか。

 残念なのがJリーグがまだ世界的にみて知名度が低い こと。ACミランのインザーギが浦和の選手を知らな いとコメントしたなど、悔しいけどそれがまだ現実な のだと思います。

 でも世界の舞台を切り開いた今、アジア最高のクラブ を世界に知らしめるいいチャンス。

 もちろん、世界最強をめざして応援していきたいと思 います。



綾瀬の人参号機
先ずは浦和レッズ及びレッズを愛するサポータ-へ、優勝おめでとう!の一言を。
試合内容より浦和がACLに対する日本国内の価値を高め、しかもリーグ戦も首位に立ち何人かは日本代表の試合にも出場していての優勝という事が素晴らしいと思います。日本サッカー協会やセパハンに敗れた川崎フロンターレの協力もありましたが、浦和のフロントがブレていない考えを持ち本気でACL優勝を狙った結果だと思います。そのために補強は阿部勇樹選手を獲得して「阿部で3人分の動きが出来る」と言い切ったフロントの凄さが結果として表れました。小野、山田、田中達也、相馬はスタメンで無い選手層の厚さ、明確なビジョンを持っているフロント、日本の他のクラブより一歩二歩先を見据えていると思います。クラブのステータスはかなり上がったでしょう。

浦和のようなビッグクラブになれ!とは言いませんが参考や目標になるクラブではあると思います。何故あれだけのサポーターが集まるのか?何故負けないのか?地方性や好きとか嫌いではなく魅力を感じるから平日でもあれだけの人が集まると思います。


close ★
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
→参号機さん

 ホントによくあれだけのスタジアムを満員にして、
 溢れたサポーターが浦和各所のスポーツバー・居酒屋 でクラブの勝利を願っている。こんなに愛されている クラブは世界のなかでもそうはないと思います。
 ましては海外でのアウェーでさえゴール裏を真っ赤に 染め上げる浦和レッズは世界的にみても類をみないの ではないでしょうか。

 欧州のトップリーグがあるスペインではクラブを愛す るあまり、スペイン代表チームの関心がそれより薄い ことは有名な話です。

 また、世界的に有名なクラブはトッププレイヤーを獲 得すると同時に若い選手を育て上げるシステムが確立 しています。
 それも莫大な資金力の賜物であって、大物スポンサー の提供もあるのでしょうが、それ以上にクラブを愛す るサポーターであり、彼らがスタジアムに足を運ぶた めにクラブを潤うといった好循環が確率されているこ とが大きな要因だと思います。

 そして今、欧州以外のクラブでは浦和レッズが限りな く近いレベルにあるのではないでしょうか。

 残念なのがJリーグがまだ世界的にみて知名度が低い こと。ACミランのインザーギが浦和の選手を知らな いとコメントしたなど、悔しいけどそれがまだ現実な のだと思います。

 でも世界の舞台を切り開いた今、アジア最高のクラブ を世界に知らしめるいいチャンス。

 もちろん、世界最強をめざして応援していきたいと思 います。
2007/11/16(Fri) 01:03 | URL  | teo’ #-[ 編集]
先ずは浦和レッズ及びレッズを愛するサポータ-へ、優勝おめでとう!の一言を。
試合内容より浦和がACLに対する日本国内の価値を高め、しかもリーグ戦も首位に立ち何人かは日本代表の試合にも出場していての優勝という事が素晴らしいと思います。日本サッカー協会やセパハンに敗れた川崎フロンターレの協力もありましたが、浦和のフロントがブレていない考えを持ち本気でACL優勝を狙った結果だと思います。そのために補強は阿部勇樹選手を獲得して「阿部で3人分の動きが出来る」と言い切ったフロントの凄さが結果として表れました。小野、山田、田中達也、相馬はスタメンで無い選手層の厚さ、明確なビジョンを持っているフロント、日本の他のクラブより一歩二歩先を見据えていると思います。クラブのステータスはかなり上がったでしょう。

浦和のようなビッグクラブになれ!とは言いませんが参考や目標になるクラブではあると思います。何故あれだけのサポーターが集まるのか?何故負けないのか?地方性や好きとか嫌いではなく魅力を感じるから平日でもあれだけの人が集まると思います。
2007/11/15(Thu) 23:25 | URL  | 綾瀬の人参号機 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック