窓の向こう、ツイヲクの場所。
cafe.





夏の濃い空気の匂いと

木漏れ日の踊るカフェのテラスで

その声は

そよ風のようにそっと

ありふれた日々の雑踏から

僕だけを遠く切り離してゆく。















優しくて

透きとおるような君の声に導かれ

僕は瞼の中に

やわらかな輪郭の景色と

はにかんで笑う君の姿を思い描いた。











psyche 。。。


















まばゆい陽射しに眩むような青空と

突き抜ける白い雲の下


いつだって

その笑顔を想っているから。。。





スポンサーサイト


close... ★






優しくて

透きとおるような君の声に導かれ

僕は瞼の中に

やわらかな輪郭の景色と

はにかんで笑う君の姿を思い描いた。











psyche 。。。


















まばゆい陽射しに眩むような青空と

突き抜ける白い雲の下


いつだって

その笑顔を想っているから。。。





スポンサーサイト

FC2blog テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真