FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
あなたの痛みを抱いて




いつからだろう。

あなたの笑顔の瞳に宿る
悲しい色を見つけてしまったのは。。。
あなたのその微笑みは夜空に浮かぶ月のように静かで
まるで…何かに耐えているような気がした。

あなたは大切なひとを失ってから、
感情を胸の奥深くへ閉じこめて
有刺鉄線で張り巡らせた心は
必要以上に人を近づけることはなかった。

けれど素敵なことや嬉しいことがあると
その棘は自分の心をも傷つけ
その痛みと共に感情を胸の奥へと追いやっていた。。。

そんな、あなたを見ていると僕の心が軋むのを感じた。。。

きっと。
誰かが誰かの代わりなんてことはできない
だから、僕は僕のままで
あなたの隣に居続けるしかないって想ったんだ。。。

あなたのその痛みを消し去ることができないのなら…
いっそのこと、有刺鉄線の心を抱きしめて
その痛みも、過去の記憶も一緒に
あなたをあたたかく包み込みたい。。。

静かな夜を終えた…この薄明の空のように。。。


photo:Nikon D80 / Tokina MACRO 35 F2.8 DX AT-X PRO




こんばんは。プシュケです。


『ショート・ストーリーズ』

ひとまず、今回で終了です。

また

機会がありましたら書いてみたいですね。。。


プシュケ  。。。



さて今夜は…
ELTの持田香織さんのカバーで『Moon River』お届けです。
薄雲が舞う月夜の夜にどうぞお楽しみください。




スポンサーサイト





close... ★



こんばんは。プシュケです。


『ショート・ストーリーズ』

ひとまず、今回で終了です。

また

機会がありましたら書いてみたいですね。。。


プシュケ  。。。



さて今夜は…
ELTの持田香織さんのカバーで『Moon River』お届けです。
薄雲が舞う月夜の夜にどうぞお楽しみください。




スポンサーサイト




FC2blog テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

【2010/09/17 21:25】 | fotografia ~写~
【タグ】 D80  Nikon  +musica  
トラックバック(0) |

◇ ゆずさん
プシュケ
ゆずさん。こんばんは。

はじめましてですね。。。

いつものご訪問とコメントまで寄せてくださいまして
ありがとうございます。

もし、心に深い傷をかかえる人を好きになったら
どうなのだろうと思いお話を綴りました。

やっぱり難しいですね。。。
今回の男の子には相当の覚悟と決意をもってもらいました。

僕の場合、お話を書いているうちに感情移入してしまうので
たぶん、今までで一番迷いながら書いたものだと思います。

ゆずさんにもこのお話を届けることができて本当に嬉しいです。
ありがとうございます。

ゆずさん。これからもどうぞよろしくお願いします。
僕もまた寄らせていただきますね。^^

管理人のみ閲覧できます
-



ゆず
ブシュケさんはじめまして^^
こちらこそいつもご訪問ありがとうございます。
切なくてでも優しいお話しに涙がでそうになっちゃいました。
閉ざした心を開くのは簡単なことではないけれど、
でもそれが出来るのも温かい心しかないのですよね。
こんなにお優しい物語をつくれるブシュケさんはお優しい方なのでしょうね^^
穏やかな気持ちになれました。
ありがとうございました^^

◇ クランベリーソースさん
プシュケ
クランベリーソースさん。こんにちは。

とても素敵なコメントをありがとうございます。

そうですね。自分も他人も傷つけてしまう心
寂しい心。。。
本当に大切な記憶だから他人に触れられたくないのだと想います。

だけど、そういう人を好きになってしまったら
自分に何ができるかと考えると何もできないのでしょうね。
大切な人の代わりに幸せにするといっても
やっぱり、自分は自分だからきっとどこかに無理がくるはず
だから全てを受け入れ、自分のままで寄り添うことが大切
なのだと想います。。。

きっと、言葉にできるほど簡単なことじゃないですよね。
大切に想う深い愛情でなければ続かないことでしょう。

でも、クランベリーソースさんの云うように
その想いが届いたときはきっと。鉄の有刺鉄線をも
溶かして、やわらかな感情を取り戻せたら
とても素敵なことだと想います。

七色に光るマジックパワー。
虹色の光。素敵なやさしさに満ちた光ですね。

クランベリーソースさんにもこのお話をお届けできて
本当に嬉しく思います。。。

本当に素敵なお気持ちをありがとうございました。

◇ 花夢 未来さん
プシュケ
未来さん。こんにちは。

未来さん。
素敵なお気持ちを寄せていただいてありがとう。

失った大切な人への想いが強ければ強いほど、
その人の記憶の中へ他人には踏み込めない場所なのだと思います。
そうした過去の記憶を大切にすることと一緒に
自分の心までも心の奥深くへ閉じこめて鍵をかけてしまうことは
はたして本当にその人にとって幸せなのかなと思いました。。。

そして、大切な人との出会いにも前も後もないのだと。。。

好きになった人が。守りたいと想えた人がもしそうだったなら
何ができるだろう。。。って。

きっと、その人の代わりにはなれないんですよね。
そして、その人を忘れさせることも。。。

その人の過去も記憶もその痛みもすべて一緒に大切に守ること。
閉じこめた心にもう一度一緒に歩み出せるよう手を差し伸べること
が大切なのかなとそう想いました。。。

今回はこのお話を書いていてとても苦しい想いを感じました。
僕はどうしてもお話に感情移入してしまいます。

未来さんには似た経験がおありなのですね。
どうかお幸せを願います。。。

いつも本当に素敵なコメントに感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとう。未来さん。


クランベリーソース
有刺鉄線で張り巡らせた心…
自分も他人も傷つけてしまう悲しい心

傍にいて、受け止めてあげるのは
すごい勇気が必要ですね

そのままの姿で抱きしめてあげること
深い愛情がなければできません

このようなステキな人に出逢えたら
それは、とってもラッキーだと思います

傷ついた心を温かく包み込んで
有刺鉄線を溶かしてくれるはず☆

鉄を溶かすのは、熱い炎ではなくて
七色に光るマジックパワー ♪

ステキなストーリーと写真
ありがとうございました(^-^)





こんばんは
花夢 未来
プシュケさんこんばんは。
うぁー今日の写真もお話も
すごいですね☆
なんだか感動しました。

プシュケさんの優しい言葉が
胸に沁みます。
わたしはそんな経験かあるから
なのでしょうか・・・。
感情を胸の奥にしまってるの
かもしれませんね。

そんな風にに心の傷を
癒してくれたらって思いました。

素敵なお話ありがとうございました。

プシュケさん今日の歌も素敵です☆



◇ 太巻きおばばさん
プシュケ
おばばさん。こんにちは。

いつも素敵なコメントをありがとうございます。

今回は大切な人を失い、心の傷が癒えない女性を
好きになってしまった男の子のお話です。
人は生きている中でそれぞれいろいろな悩みを知らぬうちに
抱えこんでいるのだと思います。
そんな人との出会いや好きになった人がもしそうだったなら
そのとき何ができるのか…そんなことを思いながら綴りました。

おばばさんにもそんな気持ちを感じてもらえたら嬉しいです。

ストーリーものは書いているうちに、
僕の気持ちもシンクロしてしまって、なかなか大変なので
また少し気持ちを充電してから書いていこうと思います。

おばばさん、いつもありがとう。


太巻きおばば
プシュケさん、素敵な詩をありがとう。
今日は、ちょっと涙が流れちゃった。
ありがとう、プシュケさん・・・
元気がでました。

また、素敵なストーリーをお願いします。


close ★
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
◇ ゆずさん
ゆずさん。こんばんは。

はじめましてですね。。。

いつものご訪問とコメントまで寄せてくださいまして
ありがとうございます。

もし、心に深い傷をかかえる人を好きになったら
どうなのだろうと思いお話を綴りました。

やっぱり難しいですね。。。
今回の男の子には相当の覚悟と決意をもってもらいました。

僕の場合、お話を書いているうちに感情移入してしまうので
たぶん、今までで一番迷いながら書いたものだと思います。

ゆずさんにもこのお話を届けることができて本当に嬉しいです。
ありがとうございます。

ゆずさん。これからもどうぞよろしくお願いします。
僕もまた寄らせていただきますね。^^
2010/09/20(Mon) 23:45 | URL  | プシュケ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/20(Mon) 21:36 |   |  #[ 編集]
ブシュケさんはじめまして^^
こちらこそいつもご訪問ありがとうございます。
切なくてでも優しいお話しに涙がでそうになっちゃいました。
閉ざした心を開くのは簡単なことではないけれど、
でもそれが出来るのも温かい心しかないのですよね。
こんなにお優しい物語をつくれるブシュケさんはお優しい方なのでしょうね^^
穏やかな気持ちになれました。
ありがとうございました^^
2010/09/20(Mon) 21:26 | URL  | ゆず #-[ 編集]
◇ クランベリーソースさん
クランベリーソースさん。こんにちは。

とても素敵なコメントをありがとうございます。

そうですね。自分も他人も傷つけてしまう心
寂しい心。。。
本当に大切な記憶だから他人に触れられたくないのだと想います。

だけど、そういう人を好きになってしまったら
自分に何ができるかと考えると何もできないのでしょうね。
大切な人の代わりに幸せにするといっても
やっぱり、自分は自分だからきっとどこかに無理がくるはず
だから全てを受け入れ、自分のままで寄り添うことが大切
なのだと想います。。。

きっと、言葉にできるほど簡単なことじゃないですよね。
大切に想う深い愛情でなければ続かないことでしょう。

でも、クランベリーソースさんの云うように
その想いが届いたときはきっと。鉄の有刺鉄線をも
溶かして、やわらかな感情を取り戻せたら
とても素敵なことだと想います。

七色に光るマジックパワー。
虹色の光。素敵なやさしさに満ちた光ですね。

クランベリーソースさんにもこのお話をお届けできて
本当に嬉しく思います。。。

本当に素敵なお気持ちをありがとうございました。
2010/09/20(Mon) 15:20 | URL  | プシュケ #-[ 編集]
◇ 花夢 未来さん
未来さん。こんにちは。

未来さん。
素敵なお気持ちを寄せていただいてありがとう。

失った大切な人への想いが強ければ強いほど、
その人の記憶の中へ他人には踏み込めない場所なのだと思います。
そうした過去の記憶を大切にすることと一緒に
自分の心までも心の奥深くへ閉じこめて鍵をかけてしまうことは
はたして本当にその人にとって幸せなのかなと思いました。。。

そして、大切な人との出会いにも前も後もないのだと。。。

好きになった人が。守りたいと想えた人がもしそうだったなら
何ができるだろう。。。って。

きっと、その人の代わりにはなれないんですよね。
そして、その人を忘れさせることも。。。

その人の過去も記憶もその痛みもすべて一緒に大切に守ること。
閉じこめた心にもう一度一緒に歩み出せるよう手を差し伸べること
が大切なのかなとそう想いました。。。

今回はこのお話を書いていてとても苦しい想いを感じました。
僕はどうしてもお話に感情移入してしまいます。

未来さんには似た経験がおありなのですね。
どうかお幸せを願います。。。

いつも本当に素敵なコメントに感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとう。未来さん。
2010/09/20(Mon) 14:40 | URL  | プシュケ #-[ 編集]
有刺鉄線で張り巡らせた心…
自分も他人も傷つけてしまう悲しい心

傍にいて、受け止めてあげるのは
すごい勇気が必要ですね

そのままの姿で抱きしめてあげること
深い愛情がなければできません

このようなステキな人に出逢えたら
それは、とってもラッキーだと思います

傷ついた心を温かく包み込んで
有刺鉄線を溶かしてくれるはず☆

鉄を溶かすのは、熱い炎ではなくて
七色に光るマジックパワー ♪

ステキなストーリーと写真
ありがとうございました(^-^)



2010/09/20(Mon) 09:12 | URL  | クランベリーソース #-[ 編集]
こんばんは
プシュケさんこんばんは。
うぁー今日の写真もお話も
すごいですね☆
なんだか感動しました。

プシュケさんの優しい言葉が
胸に沁みます。
わたしはそんな経験かあるから
なのでしょうか・・・。
感情を胸の奥にしまってるの
かもしれませんね。

そんな風にに心の傷を
癒してくれたらって思いました。

素敵なお話ありがとうございました。

プシュケさん今日の歌も素敵です☆

2010/09/20(Mon) 01:06 | URL  | 花夢 未来 #-[ 編集]
◇ 太巻きおばばさん
おばばさん。こんにちは。

いつも素敵なコメントをありがとうございます。

今回は大切な人を失い、心の傷が癒えない女性を
好きになってしまった男の子のお話です。
人は生きている中でそれぞれいろいろな悩みを知らぬうちに
抱えこんでいるのだと思います。
そんな人との出会いや好きになった人がもしそうだったなら
そのとき何ができるのか…そんなことを思いながら綴りました。

おばばさんにもそんな気持ちを感じてもらえたら嬉しいです。

ストーリーものは書いているうちに、
僕の気持ちもシンクロしてしまって、なかなか大変なので
また少し気持ちを充電してから書いていこうと思います。

おばばさん、いつもありがとう。
2010/09/18(Sat) 20:02 | URL  | プシュケ #-[ 編集]
プシュケさん、素敵な詩をありがとう。
今日は、ちょっと涙が流れちゃった。
ありがとう、プシュケさん・・・
元気がでました。

また、素敵なストーリーをお願いします。
2010/09/18(Sat) 01:06 | URL  | 太巻きおばば #Ou3ZSYPQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック