FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
空が霞む場所










空の青が霞む場所。

閉ざした瞼の裏側に
なつかしいあなたの笑顔がよみがえる。


あのとき、あなたが囁いた声は
穏やかな風のなかへとけてなくなり…

            その言葉だけが私の胸の奥に残された。




忘却の彼方… 遠く耳をすまして。


もう一度だけ
この穏やかな風のなかにとけたはずのあなたの声をさがしてみる。


お願い…もう一度だけ。。。




忘却




スポンサーサイト




FC2blog テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

【2010/06/03 23:51】 | fotografia ~写~
【タグ】 Nikon  D80  
トラックバック(0) |

◇ ケロさん
プシュケ
ケロさん、こんばんは。

あたたかなお言葉ありがとうございます。

人が語る言葉はその場でしか聞くことができないその人の声。
それは再生することができないもの。
だから、
会話の一瞬々が特別に感じるようにも思えたのです。

そんな、
思いいをケロさんにも感じていただけてとても嬉しいです。

それと、モナリザにみえましたか?
よかったぁ。僕だけじゃないんだ。。。

いやぁ。友人からは“猫ばか”と言われまして。。。

何枚か撮ったなかに紛れ込んだ1枚だったのですが、
猫にしてはどこか不思議な表情をしているなと思いまして。。。
とても嬉しいです。

本当にありがとうございました。





ケロ
こんばんは。

淡い空の色と素敵な言葉。
とてもいいです。

>もう一度だけ
>この穏やかな風のなかにとけたはずのあなたの声をさがしてみる。

ここなんて、本当に素敵な流れだなぁ。
僕の中に、溶け込んできました。

本当は、一つ前の記事にコメントしたかったのです。
モナリザに^^

本当に、モナリザに見えますよ。
あの、不思議な微笑をそのまま捕らえてる。
見た瞬間に、凄い!って言葉にしたぐらいですから。

でも、コメントを考えてる間に時間が経ってしまって......すいません。

また、遊びにきますね。


◇ hana。さん
プシュケ
hana。さん、こんばんは。

この空の写真に深く、やさしく想いを重ねていただいて
心から感謝の気持ちでいっぱいです。

この空の色があまりに淡く、儚げでいて
そこはかとない寂しさをまとっているように僕は感じました。

でも、この空は泣いてはいないのです。

モノトーンやセピア色に染まるほど遠い過去ではなくて…。

この淡い空色は記憶が薄れるまえの彩りなのだという思いに至りました。

このお話は何度も記事を書いては消してのの繰り返しのなか、
少し時間をおいてから僕が感じたそのままを描いて綴りました。

忘却の狭間に彷徨う想いを…。


そして、ふたつめの空色の写真。

どこまでも続く青い空はとりとめもない今現在であって、
雲と見間違うほどの真っ白な花弁は明日や未来があることを
やさしく語っているようにも思えました。

hana。さんが感じてくれた風景はまさに僕が感じた世界であって、
こんなにも深く想いを寄り添っていただいて言葉の彩りをあたえてくれたことに、
心から溢れる想いに胸がつまるようです。

本当にありがとうございます。

昨夜はせつなさの積もる夜となってしまいましたら…
どうかお許しを。。。

そして今宵は素敵な想いの色に包まれた夢へと誘うことを願っています。^-^



重なる想い。
hana。
おはようございます、プシュケさん。

夜中に目にした青はあまりに切なくて
想いを文字に変えることができませんでした。

愛しい人が囁いた声は風に溶けてなくなっても
その言葉だけは今も胸にあって。。。

瞼の裏側に霞んだ青い空。。。
でも目の前には、瞳に映る真っ青な空と
雲と見間違うように真っ白く咲いた花弁。。。

そんな今吹く風の中に、私はあなたの声を、
あの日風に溶けて消えたはずの声を探してみる。。。
もう一度だけ。。。お願いだから。。。

ごめんなさい、プシュケさん。
違いすぎる空の色が、今朝になってもなお切なくて。。。
せっかくのプシュケさんの言葉のじゃまをしてしまいましたね。
どうかお許しくださいませ。
でも、私の想いが深く重なるので、どうしてもこちらに伺いたく思いました。
切なく深い感動をありがとうございました。


close ★
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
◇ ケロさん
ケロさん、こんばんは。

あたたかなお言葉ありがとうございます。

人が語る言葉はその場でしか聞くことができないその人の声。
それは再生することができないもの。
だから、
会話の一瞬々が特別に感じるようにも思えたのです。

そんな、
思いいをケロさんにも感じていただけてとても嬉しいです。

それと、モナリザにみえましたか?
よかったぁ。僕だけじゃないんだ。。。

いやぁ。友人からは“猫ばか”と言われまして。。。

何枚か撮ったなかに紛れ込んだ1枚だったのですが、
猫にしてはどこか不思議な表情をしているなと思いまして。。。
とても嬉しいです。

本当にありがとうございました。


2010/06/06(Sun) 01:12 | URL  | プシュケ #-[ 編集]
こんばんは。

淡い空の色と素敵な言葉。
とてもいいです。

>もう一度だけ
>この穏やかな風のなかにとけたはずのあなたの声をさがしてみる。

ここなんて、本当に素敵な流れだなぁ。
僕の中に、溶け込んできました。

本当は、一つ前の記事にコメントしたかったのです。
モナリザに^^

本当に、モナリザに見えますよ。
あの、不思議な微笑をそのまま捕らえてる。
見た瞬間に、凄い!って言葉にしたぐらいですから。

でも、コメントを考えてる間に時間が経ってしまって......すいません。

また、遊びにきますね。
2010/06/05(Sat) 23:18 | URL  | ケロ #5fZIkb1.[ 編集]
◇ hana。さん
hana。さん、こんばんは。

この空の写真に深く、やさしく想いを重ねていただいて
心から感謝の気持ちでいっぱいです。

この空の色があまりに淡く、儚げでいて
そこはかとない寂しさをまとっているように僕は感じました。

でも、この空は泣いてはいないのです。

モノトーンやセピア色に染まるほど遠い過去ではなくて…。

この淡い空色は記憶が薄れるまえの彩りなのだという思いに至りました。

このお話は何度も記事を書いては消してのの繰り返しのなか、
少し時間をおいてから僕が感じたそのままを描いて綴りました。

忘却の狭間に彷徨う想いを…。


そして、ふたつめの空色の写真。

どこまでも続く青い空はとりとめもない今現在であって、
雲と見間違うほどの真っ白な花弁は明日や未来があることを
やさしく語っているようにも思えました。

hana。さんが感じてくれた風景はまさに僕が感じた世界であって、
こんなにも深く想いを寄り添っていただいて言葉の彩りをあたえてくれたことに、
心から溢れる想いに胸がつまるようです。

本当にありがとうございます。

昨夜はせつなさの積もる夜となってしまいましたら…
どうかお許しを。。。

そして今宵は素敵な想いの色に包まれた夢へと誘うことを願っています。^-^

2010/06/04(Fri) 21:47 | URL  | プシュケ #-[ 編集]
重なる想い。
おはようございます、プシュケさん。

夜中に目にした青はあまりに切なくて
想いを文字に変えることができませんでした。

愛しい人が囁いた声は風に溶けてなくなっても
その言葉だけは今も胸にあって。。。

瞼の裏側に霞んだ青い空。。。
でも目の前には、瞳に映る真っ青な空と
雲と見間違うように真っ白く咲いた花弁。。。

そんな今吹く風の中に、私はあなたの声を、
あの日風に溶けて消えたはずの声を探してみる。。。
もう一度だけ。。。お願いだから。。。

ごめんなさい、プシュケさん。
違いすぎる空の色が、今朝になってもなお切なくて。。。
せっかくのプシュケさんの言葉のじゃまをしてしまいましたね。
どうかお許しくださいませ。
でも、私の想いが深く重なるので、どうしてもこちらに伺いたく思いました。
切なく深い感動をありがとうございました。
2010/06/04(Fri) 09:17 | URL  | hana。 #sweeiHuY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック