FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
普段生活している中には
なかなか気がつかないくらいの小さな幸せや感動が
本当はかくれているんだ。

それがこの本を読み終えたときの第一の印象でした。

『見えない誰かと』 著:瀬尾まいこ

見えない誰かと

瀬尾まいこさんは私の好きな作家のひとりで、
今回の本は彼女の初のエッセイ。

瀬尾さんの意外な一面をみられると共に
今までの作品の背景がかいま見え、あらためてふとした日常を描くのが
うまいと感じました。









スポンサーサイト




【2009/09/04 17:16】 | vita ~キオク ノ カケラ~
トラックバック(0) |
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック