FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
先日読み終えた小説『その日のまえに』は映画化され、
        既にDVDにもなっていたのでレンタルしてみました。

その日のまえに (フィルム)

『その日のまえに』
監督:大林宣彦
出演:南原清隆
    永作博美

え~と。

この作品(映画)はなにかと物議の多い作品らしくて
原作と映画のイメージのベクトルが途方もなく離れているようです。
正直なところ、僕も同じことを考えてしまいました。

おそらく、原作を中心に観てしまったからなのでしょうか。

まあ、
 好みの問題でしょうがカメラワーク、カットシーンを含む
               演出があまりに過剰だったような気がします。

そうですね。
   ヒューマンドラマがファンタジーに変化した感覚でしょうか。

原作は5編の独立した作品が最後ひとつに融合する形になっているのですが、
この作品では無理に取って付けたようにしか見えないのです。

過去にも原作と映画ではイメージが違う作品はいくつかありましたが、
「あぁ、こんなのもありかな。」ってほどで
         イメージがまったく違うといった印象は感じませんでした。

一応、原作の筋道は通っていて
永作博美さんの演技がともて素晴らしく感動することもあるでしょう。

しかし、原作や著者の良さを知っている人には
               ちょっと抵抗があるかもしれません。

監督自ら語る「原作コピーの作品は作りたくない。」
                 その意向通りの作品に仕上がっております。




スポンサーサイト




【2009/08/11 20:15】 | film ~映~
トラックバック(0) |
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック