FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
 久しぶりに劇場に足を運び映画を観ました。

 心待ちにしていた押井守監督の長編アニメーション。

 『スカイ・クロラ ~The Sky Crawlers~』

skycrawlers.jpg

 原作は森 博嗣の同名小説を押井守が映画化した作品です。

 ショーとして作られた仮装の戦争。

 その中で永遠に戦い続けるキルドレの少年・少女。

 彼等の生と死は繰り返し・・・
          決して終わることはない。

 純粋なままで生き、その意味を考えることもなく死んでいく。

 その世界で生きる意味があるのか?

 そのことに気がついたとき・・・。

 
 もの凄く、胸を打たれる思いで展開していく物語です。

 哲学的というか・・・、

   鑑賞後にいろいろなことを考えされられます。

 この世界のどこかで繰り返されている戦争。

 それをTV越しに見ている僕たちは、

 この作品でいう大人の世界と大差はないのだと思った。


 ただ、物語として完結を求めるひとには
                  向かない作品だと思います。

 それゆえに、万人向けではないだろうし、
               賛否が分かれる内容でしょう。

 でも、僕はこういった押井監督の作品が好きなんです。

 まだ、原作の小説を手にしたことはないのですが、

      今は深くこの世界を知りたい思いでいっぱいです。

 「この映画に出会えてよかった。」
              そう思う作品がまた1つ加わりました。

 
スポンサーサイト




【2008/08/03 23:42】 | film ~映~
トラックバック(0) |
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック