FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
 朝から照りつける陽ざしが容赦なく気温をあげる。

 また今日一日、長くて暑い日がはじまる。

 こんな日を欧州では『Dog days』(犬の日)という。

 それは、7月~8月にかけて夜空におおいぬ座が
 見えるこの季節に暑さの最盛期がくるからだ。

 先日からの副鼻腔炎で昨晩は頭痛とこの暑さで

 まったく寝ることができなかった。

 そして、頭痛は朝まで続き、睡眠不足と体調不良で
 今月2度目の休暇を使うことになった。

 フィッシュソーセージを口にしてクスリをのみ、
 ベッドに埋もれる。

 う゛・・・う゛・・・う゛・・・。

 気がつくとリズムにあわせて携帯が振動している・・・。

 寝ぼけ眼でのぞいたメールは妹からで言葉を失った。

 そこには「今日、コースケが他界しました。」の文字。

 コースケとは実家で飼われていた雑種の犬で、

 俺がまだ学生だった頃に親父が拾ってきた犬だ。

 だから、かれこれ16年は一緒に過ごしてきた。

 ふと、時計に目をやると12:30を指している。

 「今日は体調不良で休暇とったから、あとで
                      そっちに行くから。」
 とメールを返信した。

 夕方、体調も回復してクルマで実家へ向かった。

 前々から老いていく姿をみて覚悟はしていたけど、

 昨年のチビ(猫)のことと重なってしまい涙が出た。

 犬小屋の前に静かに横たわるコースケは、
 この暑気のなかでも体温はなく、穏やかに寝ているようだった。

 16年という歳月を長きを生き天命を全うしたのだ。

 きっと、1年前に逝ったチビが待っている。

 「いままで、ありがとう。そして、おつかれさま。」
      そっと、眠ったような顔を撫でて永久の別れを告げた。

 暑く長い犬の日に・・・。

コースケ
      
スポンサーサイト




【2008/07/24 23:40】 | vita ~キオク ノ カケラ~
トラックバック(0) |
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック