FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
 人からすればそれは幸せと呼べない関係であっても、
 その中にやすらぎを感じ・・・
 心の支えとして生きている人が、
          この世界にはどれほどいるのだろう?

 この本を読んで何となくそんなことが頭を巡った。

 『星々の舟』 著:村山 由佳

星々の舟

 
 抑えきれない感情。
   麻痺してしまった感覚

 そして、反論できない状況下で生きるということ・・・。

 戦争とは国を壊し、街を壊し、生活を壊し、精神を壊し・・・。
 あらゆるものをがらくたへと変貌させる。

 破壊し尽くしたその先に何が得られるのか・・・。

 俺にとってこの作品は生涯心に残る本の1つになると思う。


   
スポンサーサイト




【2008/06/18 22:55】 | libro ~本~
トラックバック(0) |
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック