FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
 深夜まで、ラジカセから流れるFMサウンドを聞きいっていた
 あの頃を思い出しました。

 子供たちの想い。

 両親の想い。

 医師たちの想い。

 さまざまな患者たちの想い。

 ひとりの少年を透して紡がれるひとり、ひとりの物語。

 そして、そのすべてがその少年の物語となっていく・・・。


 『Little DJ -小さな恋の物語-』 鬼塚忠 著

Little DJ


 
 何度も、何度も読み、そして泣きました。

 少年・両親・医師・そして周りの大人たち。

 それぞれに感情が交錯しても、たどりつく願いはただひとつ。

 素晴らしいお話です。

 本当に、本当にたくさんの人たちにふれてほしいお話です。

 映画も予定されているようですが、
          この感動は本で感じてもらいたく思います。
 
スポンサーサイト





close... ★
 何度も、何度も読み、そして泣きました。

 少年・両親・医師・そして周りの大人たち。

 それぞれに感情が交錯しても、たどりつく願いはただひとつ。

 素晴らしいお話です。

 本当に、本当にたくさんの人たちにふれてほしいお話です。

 映画も予定されているようですが、
          この感動は本で感じてもらいたく思います。
 
スポンサーサイト




【2007/08/11 15:18】 | libro ~本~
トラックバック(0) |
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック