FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
 カチャッ。

 かるい金属音ともにアパートの郵便受けのフタを開けると
 膨大な紙束がもみくちゃの状態で姿をあらわす。

 前回このフタを開いたのは給料が振り込まれた翌日の朝。
 今日と同じ・・・。部屋を出て20時間ぶりの朝だった。

 約2週間分の郵便物やちらしの束を手に101号室へ。

 【5:48】

 左手に巻かれたG-SHOCKの液晶に薄青緑の文字が灯る。

 手にした紙束をカウンターに放り、冷蔵庫から携帯食料をとりだすと
 一気に空の胃袋へ流し込んだ。

 2週間分の郵便物に一通りめを通し自動車税の納税通知だけを
 抜き出したら、他はゴミ箱へ。

 2週間程郵便受けを開かずとも、ひとり暮らしの身に急を要する用件を
 伝えるモノなどそうそうない。
 大抵は新築物件の勧誘や習い事の勧誘、新しくOPENした店のチラシ
 ばかりで、俺の生活には意味がないモノばかり。

 だから、あの小さな金属のフタは1週間以上開かれないことは
 俺にとって別に珍しくもないのだ。

 そして、瞼のおもさに耐えられずそのままベッドへ・・・。
 窓から照らす朝日をカーテンで遮って眠りについた。

 【11:26】

 携帯電話からピアノマンが流れ目を覚ますと、
 シャワーを浴びてコーヒーをい煎れ目覚めの1杯。

 カフェインがカラダに染み渡る。

 そもまま、洗い立てのジーンズとシャツに身を包んで
 プレゼントのための本を買いに出かけた。

 1日遅れのバースディ・プレゼント。
 直接手渡せないことが悔やまれる。

 でも、いつか・・・きっと。

 今はそう信じるしかない。

スポンサーサイト




【2008/05/09 14:14】 | vita ~キオク ノ カケラ~
トラックバック(0) |
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック