FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
 この部屋に越して来てもう6ヶ月が過ぎる。

 「ひとりで暮らせば、それなりに時間もできるだろうから
  いろいろと考えてみろ。」と言われたことがあった。

 ひとりになることで確かに膨大な時間のなかで
 感じたことは会話がないということ。

 日常的な会話すら部屋の中ではないのが当たり前で、
 (あったら、あぶないのだけど・・・)
 でも、やるべきことは結構あったりする。

 掃除・洗濯・料理・・・。

 もともと、そういった家事がきらいではなかったことが
 幸いしてそれ事態、苦に感じたことはあまりない。

 その中で、やっぱり会話がないということは
 やっぱり苦なのだろう。

 そして、この生活で大きく変わったことは
 テレビを観なくなったこと。
 まったく観ないわけではないのだけど、
 それでも週に1時間程度。
 何かを観ようと思ってテレビをつけることは
 今はもうまったくない。

 だから、最近ではFMが最も近いメディアだ。

 なぜFMかと考えると、
 何かをしながら情報が得られるからだと思う。

 ひとりで過ごす時間が増えた分、やるべきことも増えて
 観て得る情報より、聞いて得られる情報のほうが
 今の生活にベストなのだ。

 日常にFMが流れる暮らしになって気がついたことは、
 スピーカーから流れる情報は
 テレビで観るよりもバランスがいいということ。

 ダラダラと映像を垂れ流しするテレビよりも
 情報の幅や深みがあり、それでいて伝えすぎない
 といったバランスが頗る良い。

 そして、ネットと融合することで視覚的にも情報は確認できる。
 ラジオとネットの相性は抜群だ。

 今日もやるべきことを済まして、宙に浮いた午後の時間に
 「おいしいコーヒーのいれ方」をひとり探求・・・。

 最初はいつも通りの自流でいれたコーヒー。

 2杯目はネットの情報をもとにいれたコーヒー。

 やっぱり、2杯目の方がおいしい。

 それ以降は、各工程の時間を少しずつ変えつついれてみて、
 丁度、10杯目でコーヒー豆が底をついて本日の研究は終了。

 結果的には6杯目のいれ方が本日もっとも旨いコーヒーだった。

 でも、ひとつ気がついたこと。
 手間暇かけて丁寧に注いだコーヒーが一番うまいということ。

 また、コーヒー豆を調達して再チャレンジを密かに誓う。

 こんなことでも、「いろいろ考えてみろ。」のひとつかと思うと
 ちょっと、ベクトルの行き先が違うようにも思うけど・・・
 まぁいいか。

 しばらくはコーヒーのいれ方に気が向きそうな休日のひととき。  
 

 
  
スポンサーサイト




【2008/04/27 23:54】 | vita ~キオク ノ カケラ~
トラックバック(0) |
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック