FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
 今日の天気は荒れ模様。

 雨が降るまでにいたらないものの、

 風がとても強い。こんな日に外に出て歩いても

 つらいだけ。小雨なんか降り出したときには、

 傘なんかまったく役に立たないだろう。

 だから午前中は朝食とコーヒーを用意して

 前にレンタルしたDVDを観ていた。

 今回の映画はコレ。

 『四日間の奇跡』

四日間の奇跡


 監督:佐々部 清
 出演:吉岡 秀隆・石田 ゆり子・尾高 杏奈
     西田 敏行・松坂 慶子

 原作は浅倉卓弥の同名小説、俺の好きな作家です。

 少し前に原作を読見返して、本作を観ましたが

 やっぱり良い作品です。

 中盤以降はずっと瞳にあついモノを感じながら観ていました。 

 ドヴォルザーグ 交響曲第九番『新世界より』第二楽章 ラルゴ

 日が沈む頃に流れる曲と言った方が良いだろうか。

 この映画には良質の音楽も所々散りばめられている。

 他にも「瀬戸の花嫁」「子犬のワルツ」「ノクターン第二番」など

 そして「月光」や最後に千織と弾いた「別れの曲」。

 「別れの曲」の場面は目を閉じて聞き入りました。

 国も時代も違う人が作曲した音楽だけど、

 別れのときの様々な感情の模様は変わらないのだと

 ふと、感じました。

  
スポンサーサイト




【2008/04/19 22:54】 | film ~映~
トラックバック(0) |
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック