FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
 本日の一冊はこちらです。

 『雪の降る音 おいしいコーヒーのいれ方Ⅳ』
 著:村山 由佳

雪の降る音


 このシーリーズももう4作目の作品になります。
 作品自体はもっとすすんでいるけど・・・

 この作品は俺にとって諸刃の剣のようなもの。

 それは、冒頭からストーリーにぐいぐい引き込まれていくほど
 魅力があって、気がつくともう結末に近づいていることにきずく。
 そう、じっくりと読んでも4時間ほどで完読してしまうのです。

 それだけオモシロイということなのだけど、
 もっと、じっくりと物語を楽しみたいと思うと読破してしまうことが
 残念で・・・、ちょっともったいない。

 こんな気持ちわかってもらえるだろうか。

 今回の作品でも素晴らしい表現や言葉が綴られています。

 そのうちの一つは、自分の足で立ち上がり歩き出す強さを
 もつことの大切さ。

 それは、作者が本当に伝えたい言葉なのだとあとがきからも
 伝わってきました。

 読んでいても人が成長していくその姿はなんか無性にイイです。

 そして、今後の展開も楽しみでもあります。 

 
スポンサーサイト




【2008/04/19 00:27】 | libro ~本~
トラックバック(0) |
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック