FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
 青空の下、

 街の至る所でサクラの木々が

 薄紅色の花びらが咲き誇り

 暖かな季節の訪れを告げている。

 俺ら日本人はサクラが大好きだ。

 この街にも用水路に桜並木がある。

 そこに1本だけ柳の木が新緑を垂らしている。

 ここは俺が小さい頃は、

 柳並木があったことを思いいだした。

 そういえば、どこもかしこもサクラ・さくら・桜。

 こんなに桜って多かったっけ?

 整地した後は桜の木を植えることが意外と多いことに気がつく。
 
 俺にとって、この時期には欠かせない花がひとつある。

 それは桃の花。

 かつて俺の実家には桃の木があった。

 俺が生まれたときにじいさんが植えた木で、

 春になると鮮やかな桃色の花びらを蓄えていた。

 そして、実を結んでいくのを間近でみていたものだ。

 だから、何となく桃は俺にとって特別に感じる。

 春の花=桜の世の中を見ているとちょっとさみしい。

 同じ時期に咲く花。新緑を蓄え始める木々。

 春の訪れは桜だけじゃないよ。

 って、ちょっと思った。
スポンサーサイト




【2008/03/29 19:03】 | vita ~キオク ノ カケラ~
トラックバック(0) |
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック