FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
 いいときも、わるいときもコイツのステアリングを握り、

 いつもより強くアクセルを踏むと

 日常の笧を全てを吹き飛ばして頭が真っ白になった。

 NAのエンジンが7000rpmを超えていくときの

 エキゾーストサウンドと疾走感がたまらない。 

 それももう、明日でお別れ。やっぱりちょっと寂しい。

 次のオーナーは女の子。

 彼女もコイツに一目惚れしたらしい。

 まるで数年前の俺とまったく同じだ。

 でも、そういう人に乗り継いでもらえるとやっぱり嬉しい。

 だから、少しでも気に入ってもらえるように

 汚れだけはしっかり落とそうと思って、

 シートやパネルを外して念入りに掃除機をかける。

 勿論、ボディも4気筒のエンジンもぴかぴかに・・・。

 今日一日、一度だけ高回転のサウンドを堪能する。

 疾走感と共に背中がシートに吸い付く。

 その後はゆっくりと大事に走る。

 俺の良い時期も悪い時期も知っているコイツだから

 どうしても愛着がわいてしまう。

 あぁ、俺はコイツにそうとう入れ込んでいたんだと

 改めて感じることができた。

 夢中になれる一時を・・・今日までどうもありがとう。

SR-V


スポンサーサイト




【2008/03/01 20:13】 | vita ~キオク ノ カケラ~
トラックバック(0) |
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック