FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
 午前5:00

 まだ陽が昇る気配すらない窓の外は

 重い静けさのなか・・・

 闇の世界に白の景色が広がっていた。

 なんとなく、目が冴えてしまったので

 昨日借りてきたDVDをつけた。

 タイトルは

 『ベロニカは死ぬことにした』

ベロニカは死ぬことにした

 監督:堀江 慶
 出演:真木 よう子
     イ・ワン
     風吹 ジュン
     荻野目 慶子
     中嶋 朋子 

 物語は、生きることに嫌気がさして自殺をははかること
 から始まる。

 気がついた先は精神科病棟。

 閉ざした心を少しづつ解放して、
 生きることに希望を見いだすといった作品。

 個人的には始まり方と終わり方はよかったと思えたのだけど、

 中盤の演出がなんか中途半端で、

 終盤までうまく繋がっていないように思えてしまった。

 そう、俳優陣は結構豪華なのだけど・・・

 それだけに依存してしまっているように感じられた。

 そして、話題となった真木よう子さんのシーン。

 彼女の演技が素晴らしかっただけに本当に残念に思う。

 原作は海外文学のベストセラー。

 原作は読んでいないのだけど
 内容を想像するとおもしろい作品なのだろう。

 機会があったら是非読んでみたいと思った。

  
スポンサーサイト




【2008/02/03 10:25】 | film ~映~
トラックバック(0) |
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック