窓の向こう、ツイヲクの場所。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今夜はこの映画(DVD)を観ました。

 『世界はときどき美しい』

 監督:御法川修

世界はときどき美しい

 日常にあるようなこと・・・

 それを詩的に表現した

 5編のオムニバスムービー

 ひとはそれぞれに思うことがあり、

 それは普段何気ない当然のこなのだろうけど、

 そこには何かたいせつなの意味があることを

 気づかせてくれるような作品です。

 そして、この映画は、

 8㎜フィルムで撮影された映像がどこか自然で・・・、

 独特のノイズ感が詩的で・・・、

 なんか、癒されます。

 そして、

 カメラアングルがとても素晴らしいです。

 おそらく、 

 多くの人に受け入れられるような作品では

 ないかもしれません。

 だけども・・・

 僕はこの映画が好きになりました。
  
スポンサーサイト

【2007/12/26 23:14】 | film ~映~
トラックバック(0) |
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。