FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
 トヨタプレゼンツ FIFA クラブワールドカップ 2007

 全日程が終了した。

 優 勝:ACミラン(ヨーロッパチャンピオン)

 準優勝:ボカ・ジュニアーズ(中南米チャンピオン)

 3 位:浦和レッドダイヤモンズ(アジアチャンピオン)

 Jリーグからアジアチャンピオンとして浦和の3位入賞

 は素晴らしい功績だと思う。

 今まではヨーロッパクラブチャンピオンと

 中南米クラブチャンピオンだけが相まみえる唯一の

 大会がトヨタカップだったが、

 2005年にFIFAクラブワールドカップと大会が変わり

 その舞台にアジア・アフリカ・オセアニア地区の

 クラブチャンピオンが出場することで正式な

 世界クラブチャンピオンを決定する舞台となった。

 各国のフットボールリーグの頂点がひとつとなり、

 Jリーグも最終的には世界へと続く道が開けた。

 そして、早い時期にJリーグから浦和レッズが

 アジアチャンピオンとして大会に出場・入賞したことは

 日本サッカー界においても大きな影響だと思う。

 決勝はACミラン(ヨーロッパクラブチャンピオン)と

 ボカ・ジュニアーズ(中南米クラブチャンピオン)の

 トヨタカップ同様の対戦となった。

 しかし、トヨタカップを軽視がちだったヨーロッパクラブの

 この大会に対する意気込みが昨年から少しづつ変わった

 ことが、今大会の重要な意味かもしれない。

 昨年はFCバルセロナのロナウジーニョが世界タイトル

 として意識してこの大会に望んだが大きな話題をよんだ。

 今回タイトルをとったACミランも大会の1週間前に来日して、

 試合に向けてコンディション調整していること、

 また地区リーグ連覇より今大会を最優先として取り組んできた

 ことが本当の大きな意味があったのだと思う。

 選手からすると代表・クラブと過密スケジュールを強いる

 こととなるが、世界のクラブがガチンコ勝負できる大会として

 これからも歴史を刻んでいってもらいたい。

 そして、浦和レッズ。

 本当の意味で世界クラブの実力の差を肌身に感じることと

 なった今大会、更なる成長とまたこの舞台へ立つことを信じて、

 これからも僕たちレッズサポーターはスタジアムで

 雄叫びをあげることだろう。   

スポンサーサイト




【2007/12/16 00:58】 | vita ~キオク ノ カケラ~
トラックバック(0) |
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック