FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
 ぼくがこの作品を取り上げるのはもう3回になるだろうか。

 最初は映画で、その次はDVDで、そして今回は小説で・・・。

 『小説・秒速5センチメートル』 著:新海 誠
秒速5センチメートル

 なぜぼくがこんなにもこの作品に惹かれるのか、

 ぼく自身もまだわからない。

 そして、今回この小説版を読んでみて

 映像では描ききれていない場面もあって

 また、この世界の広がりをみたような気がした。

  
スポンサーサイト




【2007/12/11 20:36】 | libro ~本~
トラックバック(0) |
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック