FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
 トヨタプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ

 浦和レッズの初戦はアジアチャンピオンを争ったセパハン。

 1ヶ月の間で同じクラブと3回も対戦することは極めて稀だ。

 だがアジアチャンピオンとしてアジアのチームに負けられない。

 そしてまた、永井がやってくれた。

 前回に次いで先制点をきっちり決めた。

 そして、今回の立役者はなんといっても相馬だ。

 再三、左サイドから正確なセンタリングをあげる。

 また、前回のようなセパハンに支配権を譲ることなく

 試合を終えたことがレッズの集中力の高さを物語る。

 その結果、3-1でセパハンを下して準決勝へ。

 アジアチャンピオンとして恥じない試合内容だった。

 次の相手はヨーロッパチャンピオン・ACミラン。

 TVのコメントはどれもACミランと対戦することが、

 最終目標なことのように言っているように聞こえるのが、

 浦和サポーターとして腹立たしい。

 たしかにACミランは世界を代表するクラブた。

 しかし、この大会に出場するからにはやっぱり優勝が目標。

 あと2回。容易くはないが2回勝てば世界最強なのだ。

 浦和レッズが世界最強の称号を得る。

 こんな夢はそうそう見られない。

      
スポンサーサイト




【2007/12/11 00:35】 | vita ~キオク ノ カケラ~
トラックバック(0) |
* コメント *
素敵なコメントをありがとう。
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: プシュケにだけ表示する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック