FC2ブログ
窓の向こう、ツイヲクの場所。
2009年11月の初日。今年も残すところ2ヶ月となりました。

この歳になると季節が過ぎるのが早く感じます。

さて、毎月初日は映画サービスデー。

というわけで、今年惜しまれつつ天にめされた
僕等の神様の最後のメッセージを受け取りに劇場へ向かいました。

This is it

彼の死によって未完のまま閉ざされたステージ。
しかし、リハーサルの映像で彼がやりたかったこと。
僕等に伝えたかったメッセージが映画となって蘇りました。

公開期間が2週間と限定された作品です。

僕等が知っている彼の歌う姿はいつも完璧でした。

しかし、スクリーンに映しだされた姿はとても人間らしく
直向きで、マイク越しの息づかいなどとても生々しく感じました。

リハーサルということもあって彼の歌やダンスは本来の90%程度かもしれません。
だけど、それ以上にファンに最高のパフォーマンスを届けるため、
スタッフを叱咤激励しながら彼等を愛し、ひとつになろうとする姿が印象的でした。

そして、『THIS IS IT』に込められたメッセージ。

スクリーンの中の彼はとてもリアルで、
彼がもうこの地上にいないことがとても信じられません。

期間は限られていますが、この映画は劇場で観ることをおすすめします。
映画館の音響で彼の最後のメッセージをカラダ全体で感じて欲しいのです。

あらゆる音楽の神様と呼ばれていた人たちは僕たちの世代の前にあって、
リアルに感じたことはありませんでした。

しかし、彼は唯一僕等と同じ時代を生きた神様だと思います。

残念なのはこの10数年、音楽を通しての彼が観られなかったこと。
映像に映し出されるのはスキャンダルで当惑する姿ばかり。

この映画を観てもっと音楽を通しての姿が観ていたかったと感じました。

僕はもう一度、次はレイトショーでと思っています。

最後にもう一度。心から彼のご冥福をお祈りします。

マイケルジャクゾン



スポンサーサイト




【2009/11/01 21:05】 | film ~映~
トラックバック(0) |